マエカワテイスト株式会社

会社概要 > コラム > オーダーシステム > 研究所ページ > 加西工場の紹介 > ショッピング > オーガニック > お問合せ > 採用情報 >
社長のコラム
COLUMN
マエカワテイスト 株式会社
兵庫県姫路市土山 6-4-1
TEL 079-296-3927
FAX 079-298-9848
E-mail: info@taste.co.jp
Vol.14
 
 ■ 国民総幸福度(GNH)について
2012.9


 ●経済優先か、幸福優先か?

  • 日本に於いては、1970年以降〜1990年のバブル崩壊まで、経済優先の社会が進行していました。しかし、近年のサブプライムローン問題やリーマンショックに見られるように、経済破綻が現実化する時代になっています。
    昨年秋ごろ、ブータン国王夫妻が日本訪問され、東日本大震災の被災地の慰安訪問されました。この時に話題となったのが「GNH」という 言葉です。
    経済指標とされている「GNP」「GDP」とは異なり 「H」つまり、国民のHappiness(幸福)を優先する考え方が世界に紹介されたのです。 人類の誕生以来、自然の産物を利用して存続してきました。そして、各地で取れた産物の物々交換の次には、品物を仲介する貨幣 が生まれました。貨幣は、経済につながり、成長の基本的な存在と認識されてきました。そのような経済優先の考え方から、幸福とは何かを考え始める時代になっています。

 ●幸福とは何か?

  • お金があれば幸せ? 健康であれば幸せ? 食べ物があれば幸せ?
    もちろん、お金があればそれに越したことはありませんが、同時に幸せであることも不可欠ではないでしょうか。モノ不足の時代は、経済成長や所得倍増により、モノを得る幸せを体験できます。
    しかしモノがあふれて、飽食の時代になると、今度は健康であることが幸せであることに気付きます。
    世界の資源には限界があります。化石燃料は近いうちに無くなってしまいます。つまり、経済成長や物資主義の考え方では、将来的に限界となります。今のうちに、自然の有難さを感じ、生かされていることへの感謝を皆が行えば、戦争も破産も解雇もない、幸せな社会が実現するのではないでしょうか。



マエカワテイスト株式会社   前川TSH研究所   前川隆嗣


 だし屋の社長の独り言のバックナンバーはこちら


copyrights (c)all rights reserved by maekawa taste co.,ltd.