マエカワテイスト株式会社

会社概要 > コラム > オーダーシステム > 研究所ページ > 加西工場の紹介 > ショッピング > オーガニック > お問合せ > 採用情報 >
社長のコラム
COLUMN
マエカワテイスト 株式会社
兵庫県姫路市土山 6-4-1
TEL 079-296-3927
FAX 079-298-9848
E-mail: info@taste.co.jp
Vol.1
 
 ■ 2012年09月号
 

 「本業を見直す時代」

 ●成長時代からゼロ成長時代へ

  • 1970年、日本は高度経済成長の時代でした。
    しかしそれから約40年経ち、環境は大きく変わっています。
    グローバル化の結果、国内雇用は空洞化の時代を迎え、
    たくさんの勤労者の職場が奪われています。
    バブル崩壊、サブプライムローン問題、リーマンショック事件など、経済不況の現象は
    枚挙に暇がありません。財テク、 情報化、グローバル化を優先させたことの付けが今、
    回って来ているのではないでしょうか。

 ●なぜ、不況が来るのか?

  • 昔は村があり、村と村の交易により、お店が生まれました。
    そして、それぞれのお店は、お互いの需要と供給を満たして来ました。
    そこには、地産地消の仕組みが育まれていました。
    過当競争もなく、生計を立てることが可能な市場が形成されていました。
    そこには、バブル崩壊も、リーマンショックも存在しませんでした。
    しかし、知恵ある人たちは、物々交換的な取引では飽き足らず、債券や先物取引を考えだし、
    自然ではない加工された商習慣を広めて行きました。
    それは実像ではなく、虚像の世界の取引となって行きました。
    その究極の結末が、バブル崩壊であり、リーマンショックとなりました。
    経済成長は必ずしも、万能ではなく、自然環境や社会環境を考慮した有限の仕組みとしなければ、
    破たんによる不況が発生することが明白になったのです。

 ●本業に精を出そう!

  • 虚業より実業を、利益より自然を重んじる教訓を学び取ることが必要だと思います。
    本業は、自然に与えられた職務であり、
    その役立ちから来るご利益(りやく)こそ、利益(りえき) として感謝して得るものではないでしょうか。
    本業に誠心誠意取り組めば、世界恐慌も雇用不安も防ぐことは可能です。
    共存共栄の経済活動こそ、持続的な社会発展を可能にします。
    私利私欲に走る現在のグローバル化経済の変革を行い、
    人類が本当に幸せな生活環境を実現させることが、
    まさに今、私たちに問いかけられている問題だと思います。


マエカワテイスト株式会社   前川TSH研究所   前川隆嗣


 研究所便りのバックナンバーはこちら


copyrights (c)all rights reserved by maekawa taste co.,ltd.